そこまで大きな企業でない場合、サイトは日本語のみの対応で問題ないと考えるかもしれません。しかし、今後企業の成長が見込まれる場合、あるいは海外の顧客も増えると予想される場合には、英語や中国語など多言語に対応したサイト設計にしておくのがおすすめです。

HTMLで多言語サイトを作ろうとした場合、そのページ数分のファイルが必要となってしまうため、2言語分作るだけでも膨大な量となってしまいます。もちろん、言語が増えれば増えるほど管理するファイルも煩雑になってくるでしょう。そんなときに役立つのが、多言語に対応したcmsです。たとえば、日本語データと英語に翻訳したテキストのコンテンツをデータベース化することにより、同じ表現が出てきたときに自動翻訳ができるといった機能もあります。こうしたcmsを上手に活用すれば、多言語に対応したサイトも比較的簡単に制作することができるでしょう。もちろんデザインを一括で変えたい場合も、HTMLの時のように1ファイルずつ変更する必要がないため、言語の種類がどんなに増えても手間がかかりません。

cmsはあらゆる部分を効率化してくれる非常に便利なシステムです。まだ機能を使いこなせていない方は、ここで紹介した活用方法も取り入れてみてはいかがでしょうか。